ネイリストになるための最短ルート

-  |  次の5件 »

ネイリストに求められるもの

人に喜びを与えられる仕事、これがネイリストとしての最大のメリットだと言えるでしょう。
ネイルサロンに訪れるお客様は皆、綺麗になりたい美しくありたいという願いを持っています。

お客様の希望をかなえられるだけの技術を持つということは、
ネイリストとしての自己を肯定する最も大事な要素です。

単純に爪だけを見て、機械的にネイルケアをしたりネイルアートを施すだけでは、
そのお客様は決して満足しません。ネイリストの人柄も含め、
心のこもった確かで丁寧な技術と温かい接客、
それらをすべて総合してお客様はネイリストを判断しています。


初めて接するお客様も多いですし、
美を提供する職業ですから自分自身の身だしなみにも気を使いましょう。

派手な服装は必要ありませんが、他人が見て気持ちのよい身なりをすることが大切です。
いつも同じ服装、ノーメイクで髪もくしゃくしゃなネイリストに施術してもらいたいと思うお客様はいません。

自分に自信を持ち続けることもネイリストの仕事のうちと言えるのではないでしょうか?
それには、身だしなみだけではなく、
テクニック面においても常に腕を磨いていくことが求められるでしょう。

身につけた知識や技術は誰にも奪われることはない自分の宝物です。
自分の努力が仕事にダイレクトに反映する職業がネイリストです。

著名なネイリストは活躍の分野をどんどん広げていっています。
それは、そのネイリストの努力は賞賛されるべきものでしょう。

後に続くネイリストのみなさんも自己研鑽を忘れないことが大切です。
活躍の分野が広がるということは、それだけ求める人も多い将来性のある仕事であるということができます。

↓ネイリストの講座に興味のある方はこちら※無料で資料を一括請求できます。

詳しくはこちら

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネイリストのプラスとマイナス

ネイリストのやりがいのもっとも大きなものは、お客様の笑顔ではないでしょうか。
サロンでの丁寧な接客やお気に入りのネイルアートを施してもらうことで、
お客様は極上の気分でサロンを後にすることでしょう。

そんな時なネイリストもやりがいと大きな達成感を感じるに違いありません。
しかしながら、たくさんのお客様の中にはコミュニケーションを取りにくい方もいらっしゃるでしょうし、さらにはクレイマーとも感じられるお客様に出会ってしまうこともないとは言えません。


当たり障りのない会話をするとしても、ネイリストとしての技術の質を維持したまま、
お客様に不愉快な思いをさせないような話術を長時間続けるのは、
精神的にも厳しいものであると言えるでしょう。

お客様を大事にすることはサービス業の基本であると言ってしまえばそれまでですが、
常に明るく笑顔で接客することは半面でその精神的な負担は大きいと言えます。

また、よい顧客を増やすためにはお客様の都合により予約時間に融通をきかせることもしばしば起こり、
結果的に残業が増えることも考えられます。

また、共に働くスタッフもお客様もほとんどが女性ばかりの職場ですから、
うまくいっているときは楽しく働きやすいと感じるでしょうが、一度歯車が狂ってしまったら、
お客様の取り合いなどのトラブルに巻き込まれ、心が病んでしまうような事態になることもあります。

ネイリストになるまでには多額な費用がかかります。
また、なったからと言ってそれで終わりではなく、
常に流行に敏感でいなくてはならない気の抜けない仕事です。

しかしながら、そのようなマイナス面ばかりに目を向けるのではなく、
お客様の笑顔という一番の喜びをどれだけ自分のエネルギーにかえて、
前進していけるかが大きなカギであると言えるでしょう。

↓ネイリストの講座に興味のある方はこちら※無料で資料を一括請求できます。

詳しくはこちら

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネイリストとして求められる資格

ネイリストとして活躍するのに、資格が必須かというとそうでもありません。
国家資格をとるなどもネイリストに必要なくご自分で仕事をすぐに始められます。

しかし、趣味ではなくお客様からお金を頂戴することが前提であれば、
その技術や豊富な知識が必要です。それを裏付けるのが検定試験の合格です。

雇われる場合の基準の一つが技術や知識のエビデンスの一つである検定合格であり、
独立する場合にもネイルサロンでまず修行が一番ですから技術や知識を習得して一層の飛躍が必要です。

ネイリスト検定には3級もありますが、
雇用主からみてもこの級以上の2級を求めるケースが多いでしょう。

3級は独学である程度マスターして合格可能なレベルですが、2級はかなり難易度が高いです。
たくさんのネイル教室がありまたその教室は種々なコースを用意していて、
また通信講座や教室での勉強があります。

3級なら通信講座で十分でしょうが、2級クラスですと相当な自信がある方でなければ、
またおつりがくるほどの合格を目指すのであれば教室での勉強がベターでしょう。

どんな学校も実際に先生に教えて頂いたほうが、身に付きやすいでしょう。
ネイリストの将来像をご自分でどう描くかは、
勉強方法をさきに選択した後から創り上げることがベターな考えでしょう。

↓ネイリストの講座に興味のある方はこちら※無料で資料を一括請求できます。

詳しくはこちら

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最低限必要と思われるネイリスト検定レベル

ネイリストは色々な場所で見受けますが、全員が資格を持って活躍しているわけではないのです。
ネイリストには免許制もとられてなく、ただネイル検定という制度があります。

ネイルブームが昨今湧き起っている世の中で、
欲しがられるのが質の高い技術と豊富な知識でありそれを裏付けるのが検定という資格です。

就職する際、雇う側は人物像に加えてやはりその人の客観的な評価を重視します。
INAとJNAというネイル検定がありますが、大方の方はJNAを利用します。

3級のレベルはそれほど難しいものではなく独学でも十分対応できます。
単純に技術向上の目的であればたのしみをもって受験できます。

ネイリストとして評価されることを目指すのであれば2級クラスです。
レベルは3級より非常に高く3割の合格率と言われるほど難易度が高いようです。

学習による知識と実技が試験内容ですが、
3級のようにネイル教室での勉強では合格は容易ではないでしょう。

2級はサロンワークで通用するほどですかたら、
種々あるネイル教室のうちご自分にあった講座等を選んでしっかりした勉強が必要です。

次に一級はさらに難易度が高く、
ネイリストとして現在含めて活動している方が受験するレベルです。
あせらずに2級取得を目指しての努力が期待されます。

↓ネイリストの講座に興味のある方はこちら※無料で資料を一括請求できます。

詳しくはこちら

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネイルの資格は武器になる

美容系の仕事は、いつの時代でも一定の人気を保っています。
美容師や理容師だけでなく、最近はネイリストも人気の職業の一つです。

しかし特殊な技術職であるにも関わらず、ネイリストの給料や年収はあまり高くはありません。
サロンに雇用されながら技術を磨いている身では、
月の手取りが15万円前後というのも珍しくはないのです。

正社員や準社員、または契約社員であればそれでも月給としてある程度決まった収入がありますが、
修行中は時給制である事も多く、人によっては最低賃金ギリギリの設定で就労しているケースもあるのです。

ネイリストはネイルに関する確かな技術や知識、
コミュニケーション力を養う事で独立開業を目指す事が可能で、
開業に伴って特に大きな機材や高給なマシンが必要になる訳ではありませんので、
比較的開業自体はし易い分野です。


しかしサロン自体の規模が拡大していく事もありますし、何十年か先に自分が歳を取った後も、
開業当時と同じだけの顧客を確保し続けられるかどうか判りません。

ネイル検定などの資格を満遍なく取得しようとすると、
100万円程度の資金が必要になるとの試算が出ています。

資格は必ずしも必要ではありませんが、技術や知識を確かに証明する物であり、
お客様の信頼を得る最大の武器ともいえます。

決して高収入を望める仕事ではありませんが、
美を追求する分野にあっては高い需要を保っています。

↓ネイリストの講座に興味のある方はこちら※無料で資料を一括請求できます。

詳しくはこちら

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の5件 »
Copyright © ネイリストになるための最短ルート All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます